くらし情報『500円よりも「600円の方が安い」と感じさせ購入させる方法』

2016年4月13日 22:00

500円よりも「600円の方が安い」と感じさせ購入させる方法

目次

・紙版とセットで電子版の雑誌を売るには?
・あえて選ばれない選択肢を入れてPRする
shutterstock_310704899


こんにちは。深沢真太郎です。

ビジネスパーソンを数と論理に強くする「ビジネス数学」を提唱する、教育コンサルタントです。

いきなりですが、500円と600円はどちらが安い金額でしょうか。

もちろん、500円です。「なにを当たり前のことを」と思われたかもしれません。でも「当たり前」と感じるのは、500と600という2つの数字だけを単純比較しているからです。

では、もうひとつ質問です。

「500円と600円では、600円のほうが安い」と思わせるためにはどうしたらよい?

今日は、そんなお話です。

■紙版とセットで電子版の雑誌を売るには?

あなたが、ある雑誌のマーケティング担当者だとしましょう。

読者にその雑誌の「紙版」と、新たにリリースが決まった「電子版」をセットで購入してもらうため、どうプロモーションしようかを考えています。

ちなみにこの雑誌の「紙版」と「紙版&電子版」の価格は以下の通りです。

紙版のみ:500円/月

【NEW!】紙版&電子版:600円/月

さて、あなたならこれらの金額を広告で見せる(魅せる)ことで、どのように「【NEW!】紙版&電子版」をPRしますか。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.