くらし情報『Twitter人気TOP10の傾向が海外と日本で大違いな理由』

2016年5月16日 20:00

Twitter人気TOP10の傾向が海外と日本で大違いな理由

目次

・海外のTwitterフォロワー数TOP10
・日本のTwitterフォロワー数TOP10
・日本独自の進化をし続けているTwitter
・140字以内で伝える「日本語と英語の違い」
shutterstock_294503453


今年で10周年を迎えたTwitter。

今年2月にTwitter Japanが公表したところによると、実際にサービスを利用している日本国内の月間アクティブユーザー数は、2015年12月時点で約3,500万人。過去約5年で5.2倍に増えています。じつはこの伸び率は世界でNo.1なのだとか。

世界的には利用者数が横ばい傾向にあるなかで、日本のTwitterは独自の流れを見せているようです。

その手がかりを知るために、まず、海外のTwitterフォロワー数TOP10を、日本国内のTOP10と比較してみましょう。

■海外のTwitterフォロワー数TOP10

1位:KATY PERRY(約8,844万フォロワー)

2位:Justin Bieber(約8,134万フォロワー)

3位:Taylor Swift(約7,718万フォロワー)

4位:Barack Obama(約7,485万フォロワー)

5位:YouTube(約6,192万フォロワー)

6位:Rihanna(約6,050万フォロワー)

7位:Ellen DeGeneres(約5,967万フォロワー)

8位:Lady Gaga(約5,904万フォロワー)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.