くらし情報『毎日10分「図鑑を読む」と脳にいい!賢い子に育てる3つの道具』

2016年5月21日 20:00

毎日10分「図鑑を読む」と脳にいい!賢い子に育てる3つの道具

目次

・1:5歳までに「図鑑」を読む習慣をつける
・2:「虫取り網」でリアルな体験をする
・3:3歳頃に「楽器」を習うと言葉の発達に効果的
kashikoi


親なら誰でも、自分の子どもには「賢い子」に育ってほしいと思うもの。他のママたちと話していると、「うちの子も早く習い事をさせなきゃ」などと焦ったりすることもあるかもしれません。

『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ』(瀧靖之著、文響社)では、脳医学者の著者が最先端の脳研究から「賢い子」を育てるためのコツが紹介されています。

著者自身も子育て中ということで、より実践的な内容になっているのが特徴。今回は本書のなかから、子どもの好奇心を育てる3つの道具をご紹介します。

■1:5歳までに「図鑑」を読む習慣をつける

著者が学生のころ行った調査によると、「小学生のころから勉強ができて、そのまま成績が伸び続けた子」は、幼少時から図鑑をよく読んでいたという共通点があることがわかったそうです。

3、4歳までに図鑑を与えると、子どもの好奇心をぐんぐん伸ばすことができるというのです。

「字が読めるか読めないかという時期では早すぎるのでは?」と思う人もいるかもしれません。でも、この時期をすぎると子ども自身で「好き・嫌い」を判断するようになり、せっかく図鑑を与えても「嫌い」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.