くらし情報『60歳から年金受給できる手段も!主婦が年金を増やす3つの方法』

2016年6月14日 19:03

60歳から年金受給できる手段も!主婦が年金を増やす3つの方法

目次

・1:パート勤務でもOKな厚生年金に加入する
・2:「繰り下げ受給」を使って年金の受取額アップする
・3:「個人型確定拠出年金」で60歳から年金を受給する
shutterstock_120630628


2016年、2017年と、主婦の年金に関する法律が改正されることをご存知ですか?

たとえば、条件によってはこれまで「130万円の壁」といわれていたものが106万円に引き下げられることになっています。

不利であるように思われるかもしれませんが、これは主婦が将来もらえる年金を増やすチャンスでもあるのです。

そこで、節約アドバイザーのヨースケ城山さんに、主婦の老後資金づくりについて伺いました。

■1:パート勤務でもOKな厚生年金に加入する

実は今年、パートで働く人にとって朗報ともいえる法律が制定されました。

2016年10月から、一定条件で働くパートタイム労働者でも厚生年金に加入できるようになるというものです。以下の3つの条件にすべて当てはまる人なら大丈夫ですので、チェックしてみましょう。

(1)1週間の労働時間が20時間以上

(2)月収88,000円(年収1,060,000円)以上

(3)1年以上勤務見込みである

(平成28年10月から適用の厚生年金保険法第12条による)

今回の法律では、従業員が501人以上の企業に勤めている人のみが対象になっていますが、これらを満たしていれば、パート勤務の人でも厚生年金に加入できるようになります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.