くらし情報『300年後を見据える!松下幸之助と孫正義に見る6つの成功法則』

2016年6月16日 21:00

300年後を見据える!松下幸之助と孫正義に見る6つの成功法則

目次

・1:未来を予測し、予言する
・2:大風呂敷なビジョンを提示する
・3:超長期を語り、人づくりをする
・4:最速で目標を達成する
・5:「思考の三原則」を身につける
・6:成功を信じ、やり抜く
suzie.20160616


『最強経営者の思考法』(嶋聡著、飛鳥新社)の著者は、松下政経塾2期生にして、元ソフトバンク社長室長。

つまり松下幸之助からの影響を受け、孫正義の参謀としてソフトバンクを飛躍させたという、なかなかできない体験をした人物だということ。

そして本書では稀有なキャリアをもとに、20世紀と21世紀それぞれを代表するふたりの名経営者に共通する思考法を公開しているわけです

きょうはそのなかから、第1章「松下幸之助と孫正義に見る6つの成功法則」に焦点を当ててみましょう。

■1:未来を予測し、予言する

松下幸之助がカリスマ的なリーダーとなる結果を出せたのは、自転車から電気という馬に乗り換える選択をしたから。

一方、デジタル情報革命の到来を確信したのが孫正義。そこで、綿密な調査をしたうえで、30年後のどまんなかに焦点を当てて馬に乗り、情報産業に対して確信的な姿勢で挑んでいったというわけです。

そして同じように、誰にでも乗るべき馬があるはずだと著者。しかし、乗る馬を間違えれば、未来を失うことにもなるでしょう。だからこそ未来を予測し、どの馬に乗るべきかを慎重に見定めなければならないわけです。

■2:大風呂敷なビジョンを提示する

日本は不言実行が美しいとされますが、「リーダーは有言実行でなければならない」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.