くらし情報『2.5人に1人が非正規雇用労働者な時代の「年金の増やし方」』

2016年6月28日 20:39

2.5人に1人が非正規雇用労働者な時代の「年金の増やし方」

目次

・いまの日本に非正規で働く人は約4割もいる
・たとえ非正規雇用でも厚生年金に加入できる
・厚生年金が無理なら個人型の確定拠出年金を
・国民年金を払えないなら免除か猶予申請を!
shutterstock_119209738


「まだ先のこと」と思っていても、いつかはやってくる老後。そのとき、手にできるお金が現役時代の雇用形態によって違ってくることをご存知ですか?

一般的に、非正規雇用は正社員より低賃金で、退職金も期待できないとされます。そんな弱い立場で働く人が年金を増やす方法を、節約アドバイザーのヨースケ城山さんが教えてくださいました。

最近の雇用形態の実情とともに、保険のしくみを紐解きながら、さっそく見ていきましょう。

■いまの日本に非正規で働く人は約4割もいる

厚生労働省が2015年12月に発表した2014年の「就業形態調査」によると、民間企業で働く非正規社員は40.5%に達し、初めて4割の大台を超えました。

総務省の「労働力調査」(2014年)では、非正規の割合は役員を除く雇用者全体の37.4%という割合が算出され、およそ2.5人に1人が非正規雇用者というのが最近の実情です。

また、総務省の調査(2014年)によると、正社員として働く機会が見つからず、非正規社員として働く人(不本意非正規)の割合は、非正規全体の18.1%。

年齢層別では、25~34歳グループが28.4%と最多。「初就職者」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.