くらし情報『4~9歳は経験値を増やすべし!子どもの「生きる力」を育む方法』

2016年7月2日 20:51

4~9歳は経験値を増やすべし!子どもの「生きる力」を育む方法

目次

・人間は成長すると全く違う生き物になる
・4~9歳の子どもはできなくて当たり前
・両親の声かけや温かなまなざしが大事!
・4~9歳は「経験の総量」を増やすべし
suzie.20160702


『4歳~9歳で生きる基礎力が決まる!  花まる学習会式 1人でできる子の育て方』(箕浦健治高濱正伸著、日本実業出版社)の著者は、1993年に「花まる学習会」を立ち上げた人物。

ご存知の方も多いと思いますが、「花まる学習会」は「生きる力」を育み、「メシが食える大人=自立・自活できる人」、「モテる大人=魅力的な人」を育てることを最終目標にしているユニークな学習塾として知られています。

いわば著者は、幼児から大学生まで、教育の現場で数多くの子どもたちを見てきた実績を持っているということ。

興味深いのは、そうした経験に基づき、生きる力を育むうえで最良の時期は「4歳から9歳」の幼児期だと主張している点です。

■人間は成長すると全く違う生き物になる

子どもについて話すとき、花まる学習会では「人間は“変態”する生き物である」ということからはじめるのだそうです。変態とは、「全く違う生き物になる」こと。

たとえれば、9歳くらいまではオタマジャクシ。個人差はあれど、10歳くらいは足の生えたオタマジャクシ。そして10歳以降は、しっぽの短くなった“ほぼカエル”=大人になるのだということ。

オタマジャクシである9歳の子どもに「陸の上で飛び跳ねなさい」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.