くらし情報『65%がお酒で失敗を経験!接待が絶対にうまくいくお酒の飲み方』

2016年7月15日 19:01

65%がお酒で失敗を経験!接待が絶対にうまくいくお酒の飲み方

目次

・接待の際にもっとも理想的なお酒は何か
・接待の席でお酒を控えたほうがよい理由
・接待のお開きは宴もたけなわぐらいが理想
・どうしてもお酒が飲めない人の切り返し方
shutterstock_252891529


簡単そうで難しいのが接待です。客人が有名人や著名人なら、緊張して冷や汗ものです。

こちらが上司で、客人との人間関係が構築されているなら、なにを飲んでも問題はありません。問題は部下の場合です。上司を交えての接待であれば、原則はアルコールを飲まないことです。しかし、まったく飲まないわけにはいかないときもあるでしょう。

■接待の際にもっとも理想的なお酒は何か

そのようなとき、私は基本ベースをウーロンハイにしていました。フレンチもイタリアンも和食のときも同じです。

最初の一杯をウーロンハイにし、時間をかけてゆっくり飲みむのです。

やがて、上司と客人ができあがってきたらしめたもの。ドリンクを下げてウーロン茶に変更します。色は同じですから、ウーロンハイを飲んでいるように見えるわけです。

「おぅ、お前も飲んでいるか?」と聞かれたら、「飲んでおります。ウーロンハイをいただいております」と答えれば、雰囲気を壊すこともありません。

あとはテーブルクリーンに集中します。空いたお皿があれば片づける。

小皿が足りなくなれば用意する。こうしているうちに、客人はお酒が入ってじょう舌になりますから、あとは飲むふりをしながらせっせと仕事に徹していれば、勝手に時間は過ぎていきます。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.