くらし情報『驚愕の新事実!アメリカで「10代の妊娠率」が減少している理由』

2016年9月6日 18:01

驚愕の新事実!アメリカで「10代の妊娠率」が減少している理由

目次

・性行為の頻度は変化せずに10代の妊娠が減少
・安価に避妊ができるようになって妊娠率が低下
shutterstock_416369638


「妊娠はおめでたいこと。でも、10代の妊娠は大変なこと」

これは日本に限らず、先進国のどこでも同じことのようです。

10代の妊娠率が10,00人中52.1人(2013年)と、ダントツで世界一高いアメリカでも頭を悩ませていることには変わりありません。

しかし、そのアメリカでここ最近10代の妊娠が減少しているとのこと。

理由は、驚くほどシンプルなものだったとか。一体、何があったのでしょうか。

■性行為の頻度は変化せずに10代の妊娠が減少

国民皆保険制度のないアメリカは、いまだに健康保険がない人も多く、医療・保険分野で、様々な問題を抱えています。

オバマ政権で、医療保険制度改革が混乱したことも有名です。

しかし、その医療分野で確実によくなったことがあります。それは10代の出生率が減少したこと。2007~2013年で、なんと36%も減少したのだそうです。

何が起きたのかと思いますが、理由は驚くほどシンプル。10代のカップルが、より頻繁により上手に避妊をするようになったからだそうです。

10代の性行動に何か変化があったのかと、まずは考えてしまいますね。

でもニューヨークのガットマッチャー研究所などによる「思春期の直近3ヶ月の性行為の研究」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.