くらし情報『1分間に「34秒」は笑顔でいるべし!人と快適な会話をするコツ』

1分間に「34秒」は笑顔でいるべし!人と快適な会話をするコツ

目次

・人は34秒以上笑顔で快適になる
・意識的なスマイルの表情が大切!
・日本語のわからない人にも笑顔で
・笑いと楽しい気持ちはワンセット
suzie.20160906


『できる大人の「見た目」と「話し方」』(佐藤綾子著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、日本における「パフォーマンス学」の第一人者である著者が、「見た目」と「話し方」についてのエッセンスをまとめた書籍。

パフォーマンス学とはあまり聞き慣れませんが、説明によればそれはパフォーマンスを日常生活における自己表現と位置づけた考え方。

そして著者は35年間もの長きにわたり、自己表現を「科学」として研究してきたというのです。

■人は34秒以上笑顔で快適になる

話を聞いてくれている相手が微笑むと、自分が受け入れられたような気持ちになってうれしくなるもの。

しかし逆に、無表情でただ話を聞いているだけだったとしたら、気詰まりで話すのをやめたくなったとしても無理はありません。

このように笑顔には、相手の話を弾ませたり、あるいは止めたりする「言語調整動作(レギュレーターズ)」という役割があるわけです。

では私たちは、人前でどのくらいの時間笑っているのでしょうか?

このことについて著者は、二者間での対話の実験をしたことがあるそうです。

相手と話していて「快適な会話」の笑顔の時間を調べた結果、1分間あたり平均34秒だったのだというのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.