くらし情報『実は数字でわかる!関係者が明かす「いい不動産会社の見抜き方」』

実は数字でわかる!関係者が明かす「いい不動産会社の見抜き方」

目次

・免許番号前につけられている番号がポイント
・更新回数が多い不動産会社の方が安心なのか
・賃貸物件なら更新番号が小さい会社にすべし
shutterstock_79680769


そろそろ、1年で2番目に引越しが多いといわれる秋の引っ越しシーズンです。

転勤などで引越しを考える際には、賃貸マンションやアパートを探すことになると思いますが、そんなときには、どの不動産会社にしようか悩むはず。

そして選ぶ基準として多いのが、「全国的に名前が知られているような大きな不動産会社」だということではないでしょうか?

たしかに大手の不動産会社には、「たくさん物件を持っていそうで、紹介してくれる件数も多そう」といった印象がありますが、実はそうではないのです。

それどころか、街の小さな不動産会社も大手の不動産会社も、紹介を受けられる件数に大差はありません。なぜなら紹介物件のほとんどを、不動産会社しか持っていない情報ネットワークから引っ張っているケースが多いから。

では、なにを基準に不動産会社を選べばよいのでしょうか?

■免許番号前につけられている番号がポイント

不動産会社を経営するには、国や地方公共団体から免許をもらわなければなりません。都道府県をまたいで全国で営業する大きな不動産会社は、国(国土交通大臣)から免許の交付を受けます。

一方、本店のみで営業する場合は、その事務所や店舗の所在地である地方公共団体(たとえば東京都など)

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.