くらし情報『月42時間の残業が当たり前!教師の苛酷すぎる「労働環境」実態』

2016年9月18日 18:06

月42時間の残業が当たり前!教師の苛酷すぎる「労働環境」実態

目次

・実は教師という職業は驚くほどブラック!
・モンスターペアレントが追い打ちをかける
shutterstock_438158536


少し前の話ですが、教師の業務時間に関するツイートが話題になりました。

発端となった教師の方のツイートでは、学級経営や教科指導は楽しいとしながらも「1日16時間も学校にいる今の生活は異常で、特に部活の時間は強制的なボランティアであり、体力面・メンタル面両方で辛い」と訴えています。

同時に、午後10時に学校に電話かけてきて、教師がいないと怒る保護者。教師の訴えをきかない管理職等についても言及されていました。

しかも、ツイート主の方はストレスで体調を崩しているようです。

このツイートは拡散され、まとめも作られました。

「嫌ならやめろ」「何故教師を職業に選んだの?」といった厳しいコメントも寄せられていますが、「教師の労働環境は改善しなければいけない」といった声も上がっています。

■実は教師という職業は驚くほどブラック!

今回のツイートだけではなく、多くの教師が過酷な労働環境におかれているようです。

厚生労働省の調査によると、学校の教師の残業時間は昔と比べ異常に増えています。昭和41年度は月平均およそ8時間だったのに対し、平成18年度は、およそ42時間と、5倍以上になっているのです。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.