くらし情報『おじぎは15度深く!ミステリーショッパーが明かす良質な接客術』

2016年9月19日 22:57

おじぎは15度深く!ミステリーショッパーが明かす良質な接客術

目次

・評価は働いている年数に比例しない
・たった15度のおじぎで差が出る!
・お客様は頭の下げ方にも敏感である
・もう15度だけおじぎを深くすべし
・おじぎをセルフチェックしてみよう
suzie-20160920


「覆面調査員(ミステリーショッパー)」とは、お店のサービスを総合的に評価する役割の人。

一般客を装ってお店を利用し、数多くのチェックリストにもとづいてお店の清潔度、接客態度、商品やサービスの質、雰囲気などを評価し、最終的な結果を各店舗にフィードバックするわけです。

そしてタイトルからもわかるとおり、『日本一の覆面調査員(ミステリーショッパー)が明かす100点接客術』(本多正克著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は覆面調査の第一人者。

飲食店、小売店、サービス会社などから幅広く依頼を受けており、「調査したことのない業界はない」といえるほどだといいます。

つまり本書ではそうした実績を軸として、「感じがいい」といわれる接客術を紹介しているのです。

■評価は働いている年数に比例しない

著者は本書で、あるスーパーで覆面調査を行ったときのことを明かしています。

そのお店で働いている人は、正社員はもちろん、アルバイト歴数十年の方、はじめたばかりの高校生までさまざま。しかし何度か調査を行っているうち、おもしろいことに気づいたというのです。

それは、お客様からの評価が、働いている年数に比例しないということ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.