くらし情報『友達の家にいていいのは●日まで!それ以上は友情崩壊の可能性大』

2014年12月21日 22:00

友達の家にいていいのは●日まで!それ以上は友情崩壊の可能性大

友達の家にいていいのは●日まで!それ以上は友情崩壊の可能性大
彼氏とケンカしたり、自宅に帰りたくなくて行き場を失ったりしたとき、頼れるのは、やっぱり気心の知れた友達ではないでしょうか。

みなさんは、友達の家に転がり込んでお世話になった経験はありますか?または、お世話をした人もいるでしょうか。でも、親しき仲にもなんとやら、つい長々と甘えていると、友達は内心ドン引きしているかもしれません。

そこで今回は、「部屋に同性の友人を最高何日まで泊められますか?」という質問を、20~30代男女100名に聞いてみました。

結果は、平均2.33日が限界だそうですよ!学生時代の感覚では短いような気もするけれど、仕事や自分の予定を考えれば、やっぱり寛容ですよね!では、その理由などを見てみましょう。

■友達だったら何日泊まってくれてもOK

友達が困っているなら何日でも構わないという、心優しい意見から。

「親が許すならいくらでも。 友人が来ていても、自分の行動は変わらないから。友人を放置して布団干したり洗濯したりするタイプなので。それに親友なら困っている時に助けたい」

「事情があるんですよね?なら、ずっと泊めてあげられる」

「何日でもOK。お互い様だし。長引けば、家賃を折半すればいいだけの話」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.