くらし情報『「赤202や黄203」はアレルギーにつながる!危険度が高い製品の特徴』

2015年6月9日 12:00

「赤202や黄203」はアレルギーにつながる!危険度が高い製品の特徴

「赤202や黄203」はアレルギーにつながる!危険度が高い製品の特徴
ドラッグストアに足を運べば、さまざまな生活用品があふれんばかりに並んでいます。テレビや新聞、雑誌でも、商品のすばらしさを強調する宣伝がたくさん。

だからこそ私たちは、情報に惑わされず、より安全で役に立つ製品を買うようにする必要があるでしょう。

そこで役立てたいのが、『使うなら、どっち!?不安生活用品見極めガイド』(渡辺雄二著、サンクチュアリ出版)。

■使える製品・使ってはいけない製品

日常生活でよく使われている代表的な生活用品を取り上げ、「使うならどちらが適しているか」という判断をしている書籍。

危険度の高い、あるいは刺激性の強い成分を含んでいる製品を「こっちは、ダメ」、使っても害が出る心配がほとんどないものを「使うなら、こっち」と表示しているので、とてもわかりやすい内容です。

具体的に、どんなことが書かれているのか、「洗面・入浴」という項目から、「ハンドソープ」についての説明を引き出してみましょう。

■使っても無害なハンドソープはコレ

本来、手についたウイルスや病原菌は、水道水で充分に手をこすり洗すればほとんど除去できるもの。しかし、それだけでは不安を感じる人が多いせいか、ハンドソープが注目されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.