くらし情報『【名盤クロニクル】弦楽四重奏で聴くクラフトワーク バラネスク・カルテット「Possessed」』

2010年10月1日 16:00

【名盤クロニクル】弦楽四重奏で聴くクラフトワーク バラネスク・カルテット「Possessed」

【名盤クロニクル】弦楽四重奏で聴くクラフトワーク バラネスク・カルテット「Possessed」
(ジャンル:クラシック)

テクノポップのルーツのひとつであるクラフトワークの作品を、弦楽四重奏で演奏した面白いアルバムである。
現代の芸術音楽はロックやジャズとの交流がもはや当たり前になっているが、ファンのほうもクラシックとポップミュージックの両方が好きという人が当たり前になっており、豊かな音楽世界が広がっていると言えよう。

テクノポップの音楽的スタイルを特徴づけるものとして、シンセサイザーとシーケンサーによる自動反復ビートが挙げられる。

これは伝統的なクラシック音楽で言う「オスティナート」、現代音楽で言う「ミニマル・ミュージック」にも対応するため、ロックミュージックの中でもクラシック音楽フォーマットに馴染みやすいものである。

バラネスク・カルテットは、このテクノ独特のポキポキした反復リズムを、あるときはピチカートで、またあるときはスタッカートで、時にはチェロのボディを手で叩いたりして表現している。

弦楽四重奏とロックやジャズとの出会いは、かつてクロノス・カルテットがセロニアス・モンクビル・エヴァンスそしてジミ・ヘンドリックスの作品を演奏して先鞭を着けたが、バラネスク・カルテットは、微妙に違う路線を狙っているようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.