くらし情報『【EU発!Breaking News】観客の目の前で。動物調教師が2頭のライオンに襲われる。(ウクライナ)』

2010年10月7日 19:30

【EU発!Breaking News】観客の目の前で。動物調教師が2頭のライオンに襲われる。(ウクライナ)

観客にとっては大変ショックな出来事であっただろう。ウクライナ西部の都市リヴィウで開催されていたサーカスで、動物調教師が演技中に2頭のライオンに襲われ重傷を負うという事故が発生した。

調教師は、演技中にライオン達を檻の中に入れようとしていた時に襲いかかられたという。
すぐに他の調教師らがライオン達に水をかけたり棒で叩くなどし、調教師から気を逸らして引き離すことが出来たが、調教師は腹部に重傷を負う羽目となった。
すぐに病院に運ばれたが、傷は深いものの、幸い命に別状はないとのことである。

このライオンはどちらも雄で、その内1頭は繁殖期であり、調教師のことをライバルだと思い込み、襲ったのではないかということである。
またもう1頭のライオンは誰がリーダーであるか常に観察しており、それがこういう結果に繋がってしまったのではないかと見られている。

この事故が公になった直後、野生動物保護団体はサーカスでの野生動物の調教禁止を訴えたという。
この主張に対し調教師は、重傷を負わされたとはいえこのライオン達とまた一緒に仕事を続けていきたいと述べているが、サーカスの団長は、2頭のうち特に獰猛な1頭は動物園に預けられることになるだろうと話している。
(TechinsightJapan編集部椎名智深

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.