くらし情報『【名盤クロニクル】ケージ生誕100年に向けて ジョン・ケージ「ある風景の中で」』

2010年10月23日 15:00

【名盤クロニクル】ケージ生誕100年に向けて ジョン・ケージ「ある風景の中で」

【名盤クロニクル】ケージ生誕100年に向けて ジョン・ケージ「ある風景の中で」
(ジャンル:クラシック/現代音楽)

再来年2012年は、アメリカ作曲界の重鎮としてヨーロッパ音楽に衝撃を与え続けたジョン・ケージ生誕100年になる。
ケージと言えば、ピアニストがピアノの前に座ったまま一切ピアノを弾かないという作品「4分33秒」が有名であるが、彼の40年代の作品には非常にラブリーなものもたくさんある。

その中からピアノ曲を集めた作品集が、今回紹介する「ある風景の中で」である。

ここで演奏されているのは、普通のピアノに加えて、ピアノ線にゴムやボルトを挟んで音を変調させたプリペアド・ピアノ、そして小型のトイピアノ(おもちゃのピアノ)である。

1曲目「ある風景の中で」と8曲目「夢」は、ともに美しいピアノの単音メロディが連なっていく静謐な美にあふれた作品である。

一方、2曲目「マルセル・デュシャンのための音楽」4曲目「季節はずれのヴァレンタイン」そして6曲目「バッカスの祭」は、先に紹介したプリペアド・ピアノを用いた作品だ。

プリペアド・ピアノは、ピアノの音を変調することで、時にはイカれたオルゴールのように、ある時にはガムラン音楽のように響く、楽しい楽器だ。

もともと、プリペアド・ピアノはケージが舞踊音楽のために打楽器アンサンブルを書きたかったのだが、その劇場にはピアノを置くスペースしかなかったので、ピアノの打楽器化を試みたというのが発端である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.