くらし情報『【エンタがビタミン♪】「ごくせん」秘話。仲間由紀恵にNGの原因を押し付けた内山が制裁されていた。』

2010年12月3日 16:00

【エンタがビタミン♪】「ごくせん」秘話。仲間由紀恵にNGの原因を押し付けた内山が制裁されていた。

人気ドラマ「ごくせん」は2002年に開始して3シリーズが放映された。仲間由紀恵演じる『ヤンクミ』のキャラクターはモノマネされるほどの人気となった。ところがそんな仲間に共演していた内山信二がとんでもない行為をしていたことが発覚したのだ。

ごくせんでは主人公、山口久美子ヤンクミ)は大江戸一家の組長の孫娘だが、任侠道ではなく教師の道を進むという設定だ。その一家の舎弟の1人ミノルを演じるのが内山信二である。
つまり、ドラマの設定上では仲間由紀恵は一家の『お嬢』で内山は『子分』という位置関係にある。

11月25日に放送された「ダウンタウンDX」ではそのドラマ「ごくせん」に3シリーズとも出演した俳優の金子賢内山信二が顔をそろえた。
金子賢は格闘技に目覚めて2004年から格闘家として試合にも参戦している。PRIDE、HERO’S、K-1 PREMIUMといった大舞台に立つが勝利を経験することなく所属事務所との約束により格闘家を引退、芸能活動に戻った。
そんな時期に金子が出演したのがドラマごくせんだったのだ。彼も内山信二と同じ大江戸一家の舎弟の役だった。

内山信二は当時、シリーズ2作目頃から格闘技に目覚めた金子が体を鍛えた為に迷惑したことを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.