くらし情報『【エンタがビタミン♪】平坦な歩道で派手に転倒。東国原・前宮崎県知事、“老化痛感”にショック。』

2011年6月12日 15:00

【エンタがビタミン♪】平坦な歩道で派手に転倒。東国原・前宮崎県知事、“老化痛感”にショック。

今年4月に行われた「東京都知事選挙」では現職の石原慎太郎知事に大差で敗れた、東国原英夫氏(前宮崎県知事)。彼のブログ 「そのまんま日記」を見ると、最近はやっと走る時間がとれるようになった―と書いていたのだが、やはり“老い”は忍び寄ってきているようだ。

都知事選挙の後はメディアへの露出も少なくなったためか、「最近、何をやっているんですか。」と訊かれることが多いという。東国原氏は「無職です。」と言うことが多いが、本を執筆したりテレビ番組やイベントにも出演したりして、仕事はそれなりにあるようだ。“そのまんま東”時代にはテレビで走る姿をよく見かけたが、宮崎県知事になってからは仕事が忙しくて運動どころか睡眠時間を確保するのもままならなかった。

最近は時間にも余裕ができ走れるようになってきた―と数日前に書かれていたのだが、6月10日のブログでは、「道で転んだこと」にショックを受けたことを綴っている。「何で転んだことが、ショックなの?」と若い方は不思議がるだろう。だがこの日の東国原氏は、「段差の無い平坦な歩道で、ゴロンと1回転ぐらいして転倒」したのだ。何かにつまずいたワケでは無い。周りを歩いていた人が驚いたくらい、派手な転び方だったのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.