くらし情報『【エンタがビタミン♪】「夢は1ミリ先にある」。九州版AKB、HKT48オーディション合格者に秋元康がアイドルの心構え伝授。』

2011年7月13日 15:00

【エンタがビタミン♪】「夢は1ミリ先にある」。九州版AKB、HKT48オーディション合格者に秋元康がアイドルの心構え伝授。

AKB48の九州版ともいえるHKT48の第1期候補生に合格したメンバーに秋元康が早速、アイドルになるための心構えを話した。

AKBの九州バージョンとして話題となっていたHKT48の第1期候補生オーディション最終選考が7月10日に福岡市内のホテルで行われ、約20社の報道陣が集まった。その様子が7月11日にテレビ情報番組「ハチナビ プラス スーパーニュース(テレビ西日本)」で紹介された。

最終選考は秋元康やプロデューサーなど18人の審査員を前に11歳から17歳までの40人がパフォーマンスを見せた。内容はダンス審査と各自が好きな曲を歌う歌唱審査で「会いたかった」や前田敦子のソロデビュー曲「Flower」などAKB48関連の楽曲を歌う者も多かった。パフォーマンス後には秋元康が「緊張しましたか?」と尋ねるなどして対応力を確認する場面もあった。

結果発表は40人を前に「16番…19番…」と合格者の番号を読み上げる形で行われて最終的に24人が合格すると、会場は嬉しさ、悲しさ、悔しさなどで涙する姿が見られた。その後、合格した24人を前にして秋元康から「みなさん合格おめでとうございます」の一声に「ありがとうございます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.