くらし情報『【アジア発!Breaking News】不妊の女性、恋人を喜ばせようと赤ちゃんを誘拐。(中国)』

2011年8月5日 10:00

【アジア発!Breaking News】不妊の女性、恋人を喜ばせようと赤ちゃんを誘拐。(中国)

中国福建省で、恋人を喜ばせようと妊娠したフリをし、白昼堂々病院から赤ちゃんを連れ去った女が逮捕された。

誘拐されたのは、数日前ある女性が自宅で出産した男の子で、出産後に体調を崩したことから手術を受けた女性とともに入院していた。犯行当時、女性と赤ちゃんは同じ病室にいたが、赤ちゃんは女性が眠っている間に連れ去られたという。通報を受けて駆けつけた警察が防犯カメラを調べてみると、赤ちゃんを連れ去ったのは妊婦服を着た中年の女で、女性の赤ちゃんがはじめから狙われていたようであることがわかった。

事件発生から3日後、容疑者の女は家にいるところを逮捕され、赤ちゃんも無事に保護された。警察の調べによると、恋人の男性が子どもを欲しがっていたが、女は不妊症を患っていたため、妊娠したフリをし、出産予定は7月末だと話していたという。犯行当日は恋人の男性に、病院へ検査に行くと言って出掛け、他人の赤ちゃんを連れて帰った。

日本でも10組に1組が悩んでいるとされる不妊。しかし、どんな理由であれ、誰かが命がけで産んだ赤ちゃんを誘拐していいはずがない。辛い不妊治療を続けた末に赤ちゃんを授かるカップルもいる。中国では親の都合で遺棄された生まれたばかりの赤ちゃんを養子にできる制度もあるという。他に方法はなかったのだろうか。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.