くらし情報『【イタすぎるセレブ達】骨と皮だけ。サラ・ジェシカ・パーカーが怖いくらい痩せ過ぎに。』

2011年8月30日 18:00

【イタすぎるセレブ達】骨と皮だけ。サラ・ジェシカ・パーカーが怖いくらい痩せ過ぎに。

痩せ過ぎで腕に静脈が浮き出ているサラ・ジェシカ・パーカー

痩せ過ぎで腕に静脈が浮き出ているサラ・ジェシカ・パーカー

セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)』のキャリー役でおなじみのサラ・ジェシカ・パーカー(46)がNYでパパラッチされたが、そのノースリーブから出た腕は静脈と筋肉が浮き出て、骨と皮だけのように見えた。もともとスレンダーな彼女だが、過激なダイエットのし過ぎ?

来月半ばに全米公開される、007俳優のピアース・ブロスナンと共演の新作コメディ映画『I Don’t Know How She Does It(原題)』の欧州PRツアーに出発するため、26日、自宅のあるニューヨークから、荷物を手に持ちさあ出発、というところをパパラッチされたサラ。その腕は静脈が浮き出て、ものすごい筋肉質。痛々しいほどガリガリにやせ細っていた。

昨年には、身長160cm、47kgだった体重を41kgまで落としたとされるサラだが、それは激しいトレーニングの成果だったそうだ。毎日5マイル(8km)のランニングの後に2時間ジムトレーニングをやり、出来るだけ脂肪分の少ない食事を摂るという方法で絞ったそう。09年の映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』撮影時には米ドレスサイズ4だったものが、現在はサイズ0になるまで痩せてしまったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.