くらし情報『【イタすぎるセレブ達】サルマ・ハエック、仏政府から栄誉ある「ナイト」の称号を授与されることに。「なぜ彼女が? 」と疑問視する声も。』

2012年1月4日 22:00

【イタすぎるセレブ達】サルマ・ハエック、仏政府から栄誉ある「ナイト」の称号を授与されることに。「なぜ彼女が? 」と疑問視する声も。

である。

サルマはグッチ、イヴ・サンローランなど高級ブランドばかりを傘下に持つ仏ファッション業界流通大手のPPR社のCEOであるフランソワ・アンリ・ピノー氏(49)を夫に持ち、ピノー氏がサルコジ大統領の親しい友人であるために選ばれたのでは?という声も出ている。しかし、それにしてもなぜサルマが受章するのか、疑問視する声がすでに噴出しているようだ。

英『デイリー・テレグラフ』紙は、今年の受章者リストの内容に腹を立てて、サルコジ氏の所属する与党国民運動連合の重鎮政治家アンリ・トーレ氏(78)が自らの受章を辞退したと伝えている。トーレ氏は「受章する意味のない人々が、沢山ノミネートされている」と怒りをあらわにしている。

同紙ではフランス国内の各新聞の論調もトーレ氏と同じで、「サルコジ大統領が国民の人気取りをしようとしているのでは?」、「これではナポレオンが怒って墓を返上しかねない。」などと報じている、と紹介している。

授章式は数週間以内に仏エリゼ宮殿で行われ、サルコジ大統領が自らメダルを手渡すことになっている。サルマの義父にあたる、PPR社創立者のフランソワ・ピノー氏(75)も、同じ授章式で上から2番目の「グラントフィシエ(大将校)」の勲章を受けることになっているそうだ。
(TechinsightJapan編集部 ブローン菜美)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.