くらし情報『【イタすぎるセレブ達・番外編】急死のホイットニー・ヒューストン、遺体発見前後の状況が徐々に明らかに。』

2012年2月15日 14:00

【イタすぎるセレブ達・番外編】急死のホイットニー・ヒューストン、遺体発見前後の状況が徐々に明らかに。

急死したホイットニー・ヒューストン

急死したホイットニー・ヒューストン

11日にビバリー・ヒルトン・ホテルのバスタブの中で死亡しているのが見つかった故ホイットニー・ヒューストン(享年48)だが、遺体発見時の状況がさらに詳しく分かって来た。

ホイットニーが亡くなっているのが発見されたのは、バスタブの水の中であることが警察当局により正式に発表されたが、その当時は音楽&私生活上の恩師である音楽プロデューサー、クライヴ・デイヴィス(79)のグラミー賞事前パーティに出る支度をしていたことが分かっている。そこで彼女が問題のバスタブに浸かる直前に、ホテルの部屋で食事をとっていたことが明らかになった。

彼女がルームサービスでオーダーしたのはハンバーガーとポテトフライ、そしてハイネケンビール1缶とグラス1杯のシャンパンだったそうだ。つまりホイットニーは入浴する前に、大量ではないが飲酒をしていたことになる。また、入浴後に食べる予定でターキーサンドイッチとハラペーニョペッパーも併せて注文。浴室に持ち込んでいたという。

その後、浴室から30分以上も出て来ないのを不審に思った「ヘアドレッサー」が、水に顔まで浸かったホイットニーを発見した、と当初芸能サイト『TMZ』が伝えたが、実は第一発見者は、ホイットニーの叔母のメアリー・ジョーンズさんであることがわかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.