くらし情報『【イタすぎるセレブ達・番外編】故ホイットニー・ヒューストン、死の2日前には数々の奇行が見られていた。』

2012年2月15日 19:00

【イタすぎるセレブ達・番外編】故ホイットニー・ヒューストン、死の2日前には数々の奇行が見られていた。

奇行を見せていたホイットニー・ヒューストン

奇行を見せていたホイットニー・ヒューストン

11日に急死した故ホイットニー・ヒューストン(享年48)だが、その死の2日前には報道陣の前で、数々の奇行を見せていたことが明らかになった。

ホイットニーが謎の死を遂げる2日前、彼女が滞在していたビバリー・ヒルトン・ホテルでは、12日の第54回グラミー賞授賞式に向け、関連イベントやパーティが次々と開かれていた。その中の一つ音楽プロデューサー、クライヴ・デイヴィス(79)主催のグラミー賞事前ガラパーティに向けては、開催の前々日の9日に参加アーティスト達の公開リハーサルが行われ、そこにホイットニーが「メンター」として登場していた。

公開リハーサルでは若手R&B歌手のブランディ(33)とモニカ(31)が、大先輩のホイットニーにヴォーカルのアドバイスを受ける様子を、報道陣が取材することになっていた。『ロサンゼルス・タイムズ』紙が伝えたところによると、その際ホイットニーはスマイルを浮かべて皆に挨拶をしていたそうだが、何故かだらしのないちぐはぐの服を着て、頭髪からは水か汗のようなしずくが垂れていたそうだ。

それだけでなく、ブランディやモニカと話す時に必要以上に手を激しく動かしたり、子供のようにスキップをしてみたりしていたというホイットニー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.