くらし情報『【エンタがビタミン♪】「負け犬の恐ろしさ、見ておれ!」歴女アイドル“歌舞姫”が『いいとも』で惨敗した心境明かす。』

2012年5月23日 20:00

【エンタがビタミン♪】「負け犬の恐ろしさ、見ておれ!」歴女アイドル“歌舞姫”が『いいとも』で惨敗した心境明かす。

長野県上田市公認の歴女アイドル、歌舞姫(まいひめ)がテレビ『笑っていいとも!』に初出演した。彼女は出演後にブログでその喜びを綴っているが、番組企画では対戦に敗れてしまった為にその悔しさも滲んだ内容となっている。

歴史通の女性“歴女”が世間に認識され出したのは、ゲームソフト「戦国BASARA」(2005年発売)とも言われる。その後も「篤姫」や「龍馬伝」など大河ドラマの影響もあり、歴女ブームとも呼ばれる中で“歴女アイドル”も登場したのだ。

そのひとり歌舞姫が、5月23日の『笑っていいとも!』に登場。所属事務所D-FACTORYのマネージャーから紹介されると和服をあしらった衣装で姿を見せた。彼女は、「お初にお目にかかります。歌に舞に姫と書いて“まいひめ”。名を咲耶と申します」と一風変わった様子であいさつしてレギュラー陣を唸らせた。

彼女は歌舞姫として、戦国武将の真田幸村で知られる長野県が開催する『信州上田幸村コンテスト』で優勝しており、“信州上田おもてなし武将”三代目真田幸村に公認された。正真正銘の歴女アイドルなのである。

歌舞姫が登場したのは“我が社のイチ推し”コーナーで、対戦相手に勝利すると番組の最後まで出演する権利を得るという企画だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.