くらし情報『「うるさい! 井出らっきょのくせに」。息子の言葉に大ショック。それでも「死ぬまで裸芸続ける」。』

2012年9月26日 15:00

「うるさい! 井出らっきょのくせに」。息子の言葉に大ショック。それでも「死ぬまで裸芸続ける」。

『裸芸』といえば、出川哲朗上島竜兵ダチョウ倶楽部)の顔を思い浮かべる方が多いだろうか。しかし東野幸治は、『裸芸』の頂点にいるお笑い芸人井手らっきょだろうと語っている。

9月23日放送の『東西芸人いきなり!2人旅』(朝日放送)で、東からは井手らっきょ(52)、西からは千原兄弟千原せいじ(42)が参加、沖縄一泊の旅へ一緒に出かけた。

“たけし軍団の芸人は怖い”とのイメージが、今でも他の事務所の芸人にはあるらしい。人懐っこい千原せいじでさえ、たけし軍団の芸人とは「共演しても親しくはしない」そうだ。そんな状況を寂しく思っていた井出は、今回の旅番組を本当に楽しんでいたようだ。さすがに最初は喋りづらそうな千原せいじに、優しい心遣いを見せる井出。どこででも素っ裸になる芸人とは思えない、紳士的な態度は本来の彼の姿なのだろう。

井出は現在20代半ばである息子が幼い頃、自分に対して叫んだ言葉が忘れられないことを話し出した。お笑い芸人といえども、家庭では普通の父親だ。一緒に子どもと遊び、時には悪い行いを正さなければならない。ちょうど井出の息子が幼稚園くらいに差し掛かり、自分の父親が裸で熱湯風呂に入れられたりするのを、友達から冷やかされ始める年頃のエピソードである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.