くらし情報『「握手しすぎて感覚なくなった」。嵐が語る握手会の思い出にAKB48もびっくり。』

2012年10月8日 17:00

「握手しすぎて感覚なくなった」。嵐が語る握手会の思い出にAKB48もびっくり。

ジャニーズのアイドルグループ・嵐が音楽番組『ミュージックステーション』の中でデビューした頃を振り返った。デビュー時から彼らの人気は高く、握手会にはおよそ8万人が集まったという。松本潤が「腕の筋力がなくなっていくのが分かる」とその時の様子を話すと、共演していたAKB48メンバーも目を丸くして驚いていた。

嵐がテレビ番組でデビューを飾ったのが『ミュージックステーション』だった。デビューから間もなく13年となる嵐が、10月5日に放送された『Mステ3時間スペシャル』に出演してデビュー当時を振り返った。

デビュー時に開催された『嵐大集会』では、ファンとの握手会も行われたそうだ。二宮和也は「朝からずっとやらせてもらいましたね」と思い出すと、「8万人くらいだったかな」と参加者について話したのだ。

驚いた司会のタモリが「手がどうかならないの?」と心配すると、松本潤が「手の感覚がなくなりますね」と答えた。彼はさらに握手する素振りをしてみせると、「腕を振っていただくので、なんだかこっちの筋力がなくなってくる」と二の腕の辺りを押さえていた。

この時の『嵐大集会』の参加チケットは大野智が手書きでデザインしたもので、ペンで嵐メンバー5人の顔が描かれ「1999.11.3デビュー 嵐大集会」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.