くらし情報『「実は素敵な先生」。ドラマ“悪夢ちゃん”で女教師演じる北川景子が胸中明かす。』

2012年10月28日 16:00

「実は素敵な先生」。ドラマ“悪夢ちゃん”で女教師演じる北川景子が胸中明かす。

土曜ドラマ『悪夢ちゃん』で、北川景子が演じる主人公の小学校教諭・武戸井彩未が「腹黒い」と話題だ。第3話では急展開をみせてその彩未先生がさらに大変な状況になる。北川はそんな彩未先生の言動を分析して、「実は素敵な先生なのでは」ととらえているようだ。彼女はブログで、ドラマの展開に衝撃を受けたことも含めて心境を明かしている。

ドラマ『悪夢ちゃん』の第3話が10月27日に放送された。大枠になるが内容に触れるのでネタバレを嫌う方はご了承願いたい。

小学校の担任を務める武戸井彩未を中傷するサイトが更新されて、生徒たちの間でも「彩未先生は笑わない」、「彩未先生は子どもが嫌い」という噂が広がる。一方で透明人間を名のる人物が教室にノートを残すと、それに描かれたマンガのとおりに事件が起きる。やがて犯人と分かった生徒が窓から飛び降りようとするのを止めようとして、彩未先生は自分の正体を明かしてしまうのだ。

彩未先生役の北川景子ブログKEIKO’S BLOG』を放送当日に更新すると、台本を読んで最も衝撃を受けたのが第3話だと明かしている。「1話や2話の腹黒さなんて比じゃない。本当に怖いってこういうことだ…と脚本を読んだ時に思いました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.