くらし情報『「瞳孔開いてフリーズした…」。渡り廊下走り隊7・浦野一美の経験にファンから反響。』

2012年11月14日 21:00

「瞳孔開いてフリーズした…」。渡り廊下走り隊7・浦野一美の経験にファンから反響。

AKB48発のユニット・渡り廊下走り隊7の浦野一美が、ブログで不思議な体験を報告している。彼女は舞台の台本を読んでいると「ぼーってなって瞳孔開いた」と状況を説明して、読者にそのような経験はないか尋ねたのだ。それに対して、ファンからは体験したという声や対処方法など多くの反響があった。

AKB48SDN48のメンバーで現在は渡り廊下走り隊7の暫定メンバーとなっている浦野一美は、11月28日から舞台『眠れぬ町の王子様~prince of the sleepless town~』に出演する。11月13日に彼女がブログ『Cinderella Magic』で報告したのは、その台本を読んでいる時の出来事と思われる。

浦野はそれを読んでいる時に、突然「ぼーってなって瞳孔開いた…一点集中で、あと何も聞こえない位の勢い!」というのだ。例えば、風邪で熱があって「ぼーっと」するのとは異なるようで、彼女は「集中した結果、こぉなった」と説明すると「フリーズ状態?」と表現していた。

それも今回が初めてではなく、何度か経験しているという。浦野は「85年製のアレだけど…」と自身を機械に例えると、アップデートもメンテナンスも怠っていないので「保存状態がいいはずなんだよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.