くらし情報『眞鍋かをり「下着姿は“写真週刊誌”で」。いとうあさこ“パンイチ騒動”で次々に脱ぎ始める出演者たち。』

2012年11月21日 12:00

眞鍋かをり「下着姿は“写真週刊誌”で」。いとうあさこ“パンイチ騒動”で次々に脱ぎ始める出演者たち。

14日『大竹まこと ゴールデンラジオ』のスタジオで、いとうあさこが“パンツ一丁”になったことをきっかけに、その後続々と出演者が“パンイチ”になるという事態に発展している。「“面白い”けれど“真剣に”。“くだらない”けれど“正直”に」をスローガンに掲げる同番組に、一体いまなにが起きているのか。

事の発端は、14日放送の『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)にさかのぼる。水曜レギュラー・いとうあさこが放送中にアザだらけの膝小僧を見せようと、下半身パンツ一丁になったことがネットでニュースとなった。そのニュースがアクセスランキングの上位に位置したことを知ったメインパーソナリティの大竹まことが、火曜日レギュラー・眞鍋かをりに「さあ、どうする?」と、いとうに続けと言わんばかりに迫ったのだ。

これまで数多くのグラビアで美しい水着姿を披露してきた眞鍋。しばし冷静に考えた後、あっさりと「下着姿になるなら、せめて“写真週刊誌”で」とラジオスタジオでのパンツ一丁スタイルは断った。

しかしこの前日の月曜日、いとうあさこのパンツ一丁事件を聞いた元大分朝日放送アナウンサーでレポーターの中嶋美和子は、いとうへの対抗心から“パンイチ”スタイルをスタジオで披露していたのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.