くらし情報『『スター・ウォーズ7』、J・J・エイブラムス監督に決定。いよいよ制作へ。』

2013年1月25日 18:00

『スター・ウォーズ7』、J・J・エイブラムス監督に決定。いよいよ制作へ。

『スター・ウォーズ7』、監督はJ・J・エイブラムスに決定。いよいよ制作へ

スター・ウォーズ7』、監督はJ・J・エイブラムスに決定。いよいよ制作へ

1977年に初めて公開となり、すでに9部のエピソード構想が出来上がっているSF映画の大作『スター・ウォーズ』シリーズ。そのエピソード7の監督がJ・J・エイブラムスに決定した。

ジョージ・ルーカスのもはやライフワークとなっているSF映画『スター・ウォーズ』の制作。昨年10月30日、ディズニーは映画史の記録に残る利益をあげた同シリーズの制作会社であるルーカスフィルムの買収に成功し、2015年にエピソード7を公開し、8と9に対する強い制作意欲にも言及した。

このシリーズ、エピソード4まではルーカスが単独で脚本を書き、監督を務めていたものの、エピソード5 「帝国の逆襲」になるとルーカスは総指揮官となるも製作をゲイリー・カーツに任せ、アーヴィン・カーシュナーがメガホンをとっている。続くエピソード6「ジェダイの帰還」も監督はリチャード・マーカンド、製作はハワード・カザンジャンに変わり、ルーカスはこのシリーズに常に新しい風を求めている様子であった。

そして今、米国の複数のメディアが「エピソード7」の監督が決定したとトップで取り上げている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.