くらし情報『妊婦キャサリン妃、お腹の赤ちゃんの性別をうっかり漏らす?』

2013年3月7日 09:40

妊婦キャサリン妃、お腹の赤ちゃんの性別をうっかり漏らす?

お腹の赤ちゃんの性別を言いかけてしまったと報じられたキャサリン妃

お腹の赤ちゃんの性別を言いかけてしまったと報じられたキャサリン妃

2011年に英ウィリアム王子(30)と結婚、そして昨年待望の第1子を妊娠したキャサリン妃(31)が、お腹の赤ちゃんの性別をうっかり漏らしてしまったと報じられた。

昨年12月に妊娠を発表。最近では「お腹の赤ちゃんが動くのが分かるようになった」という妊婦キャサリン妃が、うっかり赤ちゃんの性別を漏らしてしまったようだ。

イングランドのグリムズビーにある「National Fishing Heritage Centre」を訪問したキャサリン妃だが、地元メディアの報道によると、ある女性から白いテディベアを差し出されたとのこと。それを快く受け取ったキャサリン妃は、以下のように答えたというのだ。

「Thank you, I’ll take that for my d….」

ここで話を中断させたキャサリン妃だが、もちろんmyの続きは「daughter(娘)」だった可能性が高い。「ありがとう。娘のために頂いておきますね」と言いたかったはずだと各メディアが報じているのだ。その場にいた人から「“daughter”と言いかけたのですか?」との質問があったというが、キャサリン妃は「いいえ、まだ分からないの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.