くらし情報『「悟空はこんな奴じゃない!」“ドラゴンボールZ 神と神”で野沢雅子が新たなレジェンド。』

2013年3月30日 19:00

「悟空はこんな奴じゃない!」“ドラゴンボールZ 神と神”で野沢雅子が新たなレジェンド。

劇場版『ドラゴンボールZ神と神』の細田雅弘監督が、テレビ番組で今作の見どころを語った。原作者の鳥山明氏がシナリオから関わった強みとそれに応える監督の苦労や、声優の野沢雅子の並々ならぬ意気込みなどが明かされた。

ドラゴンボールZ神と神』が公開される3月30日の前日、29日に放送されたテレビ『サキよみジャンBANG!』に細田雅弘監督が登場した。監督は、今作はシナリオから鳥山明氏が全面協力してくれたので細かい部分でも見どころが多いという。

たとえば、孫悟空を育てた亀仙人だ。物語の展開と共に存在感が薄れた亀仙人だが、トレードマークのサングラスやアロハシャツを着るなどおしゃれな一面がある。今回はクロックスを履いて、さりげなく足元をおしゃれにしているそうだ。監督は「他にも鳥山先生がキャラクターの衣装を新しくデザインしている」と明かしており、ファンはチェックしておきたいポイントだ。

ドラゴンボールで孫悟空と並ぶ人気を誇るのがベジータだが、今回は“中間管理職的な立ち位置”になる場面があるらしい。強敵・破壊神ビルスの傍にいる謎の男、ウイスを演じる声優の森田成一は「泣きますね」とそのベジータの姿を語る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.