くらし情報『「私は選抜に入りたい」。SKE48・古畑奈和がAKB総選挙での“躍進に目覚める”。』

2013年5月29日 15:45

「私は選抜に入りたい」。SKE48・古畑奈和がAKB総選挙での“躍進に目覚める”。

AKB4832ndシングル選抜総選挙」の速報で64位以内に入ることができなかったSKE48古畑奈和が、一念発起して躍進を目指している。彼女はブログで総選挙について「(圏内に)入れれば嬉しいって、あやふやな答えを返してた」と弱気だったことを反省しているのだ。それはファンからの優しくも熱いメッセージを読むうちに、このままではいけないと気づいたからだという。AKBグループでも握手会での“神対応”が有名な彼女だけに、躍進に向けて奮起したことでファンの応援も力が入りそうだ。

SKE48に5期生として入った古畑奈和は、昨年の8月29日にチームEへと昇格した。クリクリした瞳も魅力的だが、あの松村香織から指導を受けたという握手会での対応が人気だ。「ジャンピング握手」とも呼ばれるそれは、ブースに入ってきたファンの手を握ると、入り口から出口まで会話しながら握り続けて、見送るとピョンと跳んで入り口へ戻る技である。AKBグループ総監督の高橋みなみがテレビ番組でそれを見た際に「何これ!」と目を丸くしたほどで、“神対応”とされるのも納得の握手だ。

AKB48柏木由紀SKE48須田亜香里NMB48渡辺美優紀、そしてAKB時代の指原莉乃など握手会の対応が良いとされるメンバーは、選抜総選挙で躍進する例が多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.