くらし情報『クラスメイトの水筒に毒混入。女子中学生2人を殺人未遂で送検。(台湾)』

2013年8月8日 18:30

クラスメイトの水筒に毒混入。女子中学生2人を殺人未遂で送検。(台湾)

女子中学生2人が、クラスメイト3人の水筒に毒性のある化学物質を混入し、水筒の水を飲んだ2人が下痢や嘔吐を訴えて病院へ運ばれていたことがわかった。『自由時報』が伝えた。

警察によれば、事件があったのは高雄市にある中学校。加害者の2人は今年3月、化学の授業時に実験で使用した硫酸胴と硫酸亜鉛を持ち出した。4月3日午後、体育の授業でクラスメイトが教室にいない時間帯を見計らって、3人の女子生徒の水筒に化学物質を混入した。

教室に戻った3人はそれぞれ水筒の水を飲んだが、1人は味がおかしいことに気付き、一口飲むとそれ以上は飲まなかったそうだ。しかしあとの2人は気付かずに飲んでしまい、吐き気、腹痛を訴え病院へ運ばれたという。2人はその後も蕁麻疹、肝機能障害、パニック障害などの症状が続いており、現在も通院している。

調べに対して、加害者の2人は「卒業旅行の際に3人のうちのひとりと口論になり、そのことをフェイスブックに書かれてむかついていた」と供述。硫酸胴と硫酸亜鉛については事前にインターネットで調べており、「少量なら下痢をおこすだけだと思い、懲らしめてやるつもりだった」と話している。

8月7日、加害者の2人は傷害及び殺人未遂の罪で書類送検された。
(TechinsightJapan編集部片倉愛

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.