くらし情報『『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラー、自殺を試みた過去を激白。』

2013年9月9日 17:00

『プリズン・ブレイク』のウェントワース・ミラー、自殺を試みた過去を激白。

先月、ロシアの国際映画フォーラムに招待された俳優ウェントワース・ミラー(41)。だがこの招待にウェントワースはキッパリ「No」。その理由をしたためた公開書簡にて、ゲイをカミングアウトしていた。そんな彼は、かつてセクシュアリティに深く悩み自殺を試みたことがあるという。

大ヒットドラマ『プリズン・ブレイク』の“マイケル”ことウェントワース・ミラーは、同性愛者を弾圧する法律を施行したロシア政府に猛反発。ついには公開書簡にて、以下のように批判を展開した。

「僕はゲイです。」
「僕はロシア政府の同性愛者に対する扱いに、深く苦悩しています。」
「このような状況を僕には容認することができません。」

このゲイ告白に多くのセレブが、「よくカミングアウトした!」と称賛の声をあげたばかりである。そんなポジティブな声に励まされたのか、ウェントワースはこのほどシアトルにて開催された「Human Rights Campaign Dinner」に出席、そこでセクシュアリティに深く悩み命まで絶とうとした衝撃的な過去をこのように明かしている。

「僕が初めて自殺を試みたのは15歳のとき。家族が週末に家を留守にするのを待って、瓶の中の薬を全部飲んだ。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.