くらし情報『クリス松村、「怖い出来事でした」。“代引き詐欺”被害寸前に?』

2013年9月15日 13:00

クリス松村、「怖い出来事でした」。“代引き詐欺”被害寸前に?

近年急増していると言われる「代引き詐欺」だったのだろうか。タレントのクリス松村が、宅配業者を名乗る不審な訪問者があったことをブログで報告している。読者からは、“警察に連絡した方が良い”とのアドバイスが入っているほどだ。

送りつけ商法として、以前は粗悪なカニを送りつけ代金を請求する“カニカニ詐欺”の被害が多かった。しかし最近では相手が注文してない商品を代金引換で一方的に送りつけ、現金を支払わせる「代引き詐欺」が増えていると報道されている。中には、宅配業者を装って訪問してくるケースもあるそうだ。

9月14日の『クリス松村オフィシャルブログ』によると、インターホンが鳴ったので応対に出たところ戸惑ってしまったという。マンションの共用玄関に立っている男性は、宅配業者を名乗った。いつも来てくれる宅配業者でも郵便局の人でもない、全く見覚えのない制服姿である。“いったいどこの業者?”といった不安が、すぐに湧き出てきたらしい。

その業者は「代金引換でお荷物が届いています」と言い、代金は2万2320円だという。クリスは確かに代引きで注文した商品の到着を待っていたが、全く金額が違っていたそうだ。発送したという業者からの知らせも、受け取っていなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.