くらし情報『キム・カーダシアン、妊娠中毒症での緊急出産を経験しても「もっと産みたい」!』

2013年10月29日 14:30

キム・カーダシアン、妊娠中毒症での緊急出産を経験しても「もっと産みたい」!

ママ業を楽しんでいるキム・カーダシアン

ママ業を楽しんでいるキム・カーダシアン

今年の6月、妊娠中毒症と判明したキム・カーダシアン(33)は緊急出産。同月15日には長女ノースちゃんが無事に誕生し、今は婚約したばかりのカニエ・ウェスト(36)や家族らと共に初めての育児に励んでいる。そんなキムがこのほどエンタメTVニュース『Extra』のインタビューに応じて、もっと子供が欲しいとの希望を明かした。

ノース・ウェストちゃんの誕生以降、子煩悩パパになったカニエ・ウェストは「早速2人目を!」とキム・カーダシアンを急かしたそうだが、産後間もない頃のキムはダイエットと慣れない育児に必死。とてもそのような気にはなれず断っていた。だが感動の出産から4か月以上が経過した今は、「もっと子供が欲しい!」と強く願っているという。このほどエンタメTVニュース『Extra』のインタビューに応じたキムは、今の気持ちをこのように明かしている。

「私たち、あと何人か欲しいと思っているの。」
「親になるって最高。こんなに報われる仕事ってないわ。みんなに(親になることを)おススメしたいわね。」

しかし妊娠期間中は“全てがバラ色”というワケではなかった。それはキムの崩れゆくダイナマイトボディを連日メディアに叩かれたせいである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.