くらし情報『「神前式では男装」。ミッツ・マングローブの知られざる冠婚葬祭事情。』

2013年11月9日 19:30

「神前式では男装」。ミッツ・マングローブの知られざる冠婚葬祭事情。

タレントのミッツ・マングローブが、実体験をもとに女装家としての冠婚葬祭事情を明かした。そこには知られざる工夫があるようだ。

6日放送の『小島慶子ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に出演したミッツ・マングローブが、自身の冠婚葬祭においての振る舞い方を明かした。

3年前にいとこが結婚した際のこと。午前中に女装でテレビ出演を終えたのち、挙式が神前式だったため「神様の前だから」とスーツの“男装”姿に着替えて親族として参列したのだという。その後、披露宴が始まる間に女装しなおし“ミッツ・マングローブ”としてマツコ・デラックスらとともに“友人席”に座ったそうだ。

ミッツ・マングローブは通夜・葬式に出る際、自身が有名だからではなく「自らが行くことで場が混乱しては申し訳ない」という理由から、先に済ませることが多いと明かす。

さらにいま何か起きた場合、自身の遺影はどうするかと親に尋ねてみると「“女装の写真”にする」と答えが返って来た。幼少よりミッツが女性らしく振る舞うことに混乱してきた親だが、現状は女装のミッツの方が一般的だからというのが理由のようである。ミッツ自身は男装と女装の2枚の遺影を準備し、見慣れた方に手を合わせてもらうのもよいかもと自身の考えを語った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.