くらし情報『ハルク・ホーガン、私生活トラブル続出で「自殺したかった」と衝撃告白。』

2013年11月22日 15:00

ハルク・ホーガン、私生活トラブル続出で「自殺したかった」と衝撃告白。

トラブル続出に苦しんだハルク・ホーガン

トラブル続出に苦しんだハルク・ホーガン

人気プロレスラーとして活躍したハルク・ホーガンも、すでに60歳。現在もビジネス・ベンチャーに乗り出すなど話題が尽きないが、そんなハルクにも過去には「自ら命を絶ったほうが楽になれるのではないか」と思い詰めた時期があったという。

このほど米人気番組『Oprah: Where Are They Now?』に出演したハルク・ホーガンは、そこで自らが出演していたリアリティ番組『Hogan Knows Best』が打ち切りになった頃「実は自殺願望があった」と衝撃的な告白をした。

「酷い状況になってしまったんだ。何もかも一度に起こってしまったからね…。」

そう当時を振り返るハルク。その頃のハルクはトラブル続きで、2007年に番組が打ち切りになり、さらに息子ニックは交通事故を起こし同乗していた男性を生涯介護の必要な状態にしてしまう、また妻との結婚生活が破たんするといった出来事が続き精神的にかなり参っていたそうだ。ハルクは深酒にハマり、ついには「死ねば楽になれるんじゃないか」とまで思い詰めたと言う。

だが、そんなハルクの気持ちを一転させる出来事が起きた。それは大晦日のこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.