くらし情報『ミッツ、羽生結弦選手の高得点に疑問。「あそこまでの点数が出てしまうのは…」。』

2013年12月7日 18:30

ミッツ、羽生結弦選手の高得点に疑問。「あそこまでの点数が出てしまうのは…」。

ミッツ・マングローブのブログのスクリーンショット

ミッツ・マングローブブログのスクリーンショット

タレントのミッツ・マングローブ(38)はフィギュアスケートの大ファンだ。福岡で行われているグランプリ(GP)ファイナルをテレビで観戦し、羽生結弦選手(19)の初優勝を心から喜んだひとりである。ブログでも「厚みと安定感が増した」と褒め称える一方で、大会2日目フリーの高得点には疑問視しているのだ。

年末の多忙な中、奇跡的にフィギュアスケートGPファイナルの男子ショートプログラム(SP)とフリーを、自宅のテレビで観戦できたというミッツ・マングローブ。放送後『ミッツ・マングローブオフィシャルブログ』では2回に分けて、今回のGPファイナルで羽生結弦選手がいかに素晴らしかったかを述べている。

大会1日目のSPで世界歴代最高点を叩き出した羽生選手の演技を、「勢いだけではない冷静な緊張感と、それを打破しながら演技を進めていく疾走感が溢れていました」とべた褒め。ミッツ曰く昨年までは“フニャフニャ”しているのも、羽生選手の魅力だったそうだ。だが今年は体型に厚みと安定感が増したぶん、動きの輪郭がはっきりして演技がより「パシッ!」と音にハマッているのが伝わりやすくなったと、ミッツは熱い主張を展開する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.