くらし情報『中身はガソリン、ペイント薄め液。恐怖の違法ドラッグ“クロコダイル”。使用少女の生殖器官が壊死。(メキシコ)』

2013年12月14日 20:00

中身はガソリン、ペイント薄め液。恐怖の違法ドラッグ“クロコダイル”。使用少女の生殖器官が壊死。(メキシコ)

17歳少女の生殖器官を壊死させるドラッグがメキシコで流通。(画像はイメージです)

17歳少女の生殖器官を壊死させるドラッグがメキシコで流通。(画像はイメージです)

メキシコで最近、ありえないほど危険な物質から合成されたドラッグが流通しているという。それを自らの体に注射していた少女について、診断した医師は「生殖器官がボロボロだ」と発表。違法ドラッグを使用することの危険性が改めて指摘された。

体調不良を訴え、このほど大きな病院を受診したメキシコの17歳の少女。そこで医師から告げられた言葉は、「生殖器官が壊死している」というなんとも残酷なものであった。薬物に依存していた少女が自分の体に注入していた違法ドラッグの内容物に、メキシコの人々は震撼している。

少女が受診したのは「National Institute of Migration」という国立の大病院。ホセ・ソテロルイス・エルナンデス医師はメキシコのメディア『El Periodico Correo』に、彼女の腹腔内を診察した時の衝撃をこのように語っている。

「最初はてっきり性感染症の患者だろうと思っていました。ところが本人が、『メキシコシティあたりで流通しているとても安いドラッグを2か月間使用し、下腹部にその注射をした』と告白して事態は一変しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.