くらし情報『グランドキャニオン近くの国際空港、メキシコからの到着機に“異物”発見でひと騒動。(アリゾナ州)』

2013年12月29日 20:30

グランドキャニオン近くの国際空港、メキシコからの到着機に“異物”発見でひと騒動。(アリゾナ州)

機内に置き去りにされた謎の白い粉でひと騒動。(画像はイメージです)

機内に置き去りにされた謎の白い粉でひと騒動。(画像はイメージです)

空港のセキュリティチェックで厳しいのは「液体」ばかりではない。化学物質あり、ドラッグありで、実は「粉」も危険性が疑われるものなのだ。クリスマス休暇で混雑を見せている米アリゾナ州の空港で、客が降りた飛行機の機内から不審な容器が発見された。

別の空港から乗せてきた客が降りると、急いで飛行機に乗り込み機内をきれいにする清掃作業員たち。彼らは清掃の他に念入りにオーバーヘッド・コンパートメント、ポケット、床、トイレなどをチェックする。忘れものだけではなく、危険で有害な物質が故意に置き去りにされていることが稀にあるからだ。

有名な観光地であるセドナおよびグランドキャニオンにも近いことから、大変な利用客数を誇る米アリゾナ州の「フェニックス・スカイハーバー国際空港」で27日夜、とんでもない“異物騒ぎ”が発生した。クリスマス休暇を楽しむ人々を大勢乗せ、メキシコのカンクンから飛んできた「USエアウェイズ(US Airways)航空」の飛行機の床から、直前に降りた客が置いていったものとみられる白い粉入りの容器を清掃作業員が発見したのだ。

報告を受けて空港消防署の危険有害物質処理の専門家が機内に乗り込み、ただちにその容器を回収。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.