くらし情報『千秋が母親から受け継いだ子育て。「名作映画を親子で一緒に鑑賞」』

2014年2月27日 15:30

千秋が母親から受け継いだ子育て。「名作映画を親子で一緒に鑑賞」

千秋が母親から受け継いだ子育てとは?

千秋が母親から受け継いだ子育てとは?

タレントの千秋(42)は幼い頃から、たくさんの映画を観て育ってきたという。それらの映画は彼女の両親が年代に関係なく、「ぜひ娘に観てもらいたい」と選んだ作品ばかり。映画を通して文化や歴史を学んだ経験が現在、千秋のクリエイティブな仕事に生かされているそうだ。そして母となった千秋も10歳になった愛娘と一緒に、彼女が吟味して選んだ映画を鑑賞している。

千秋の一本筋の通った子育ては、自分が母親から受けた内容が元となっているようだ。その中の一つは親が選んだ映画を、子どもが幼いうちに一緒に鑑賞するというもの。今は週に1~2本のペースで鑑賞し、感想をノートに書かせているという。

2月25日放送の『はなまるマーケット』(TBS系)のトークコーナー、“NEWはなまるカフェ”にゲスト出演した千秋。同番組では4年間のレギュラー経験があり、司会の岡江久美子薬丸裕英とは懇意な間柄である。

一番最初に千秋が娘に見せた映画は『風と共に去りぬ』、1930年代に公開された上映時間が3時間を超える大作である。“最近のハリウッド映画ばかり観ている子にはどうだろう?”と思ったそうだが、「超おもしろい!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.