くらし情報『ホリケンと大竹まことが語る、“3人組お笑いユニットでの役割分担”。』

2014年3月15日 15:15

ホリケンと大竹まことが語る、“3人組お笑いユニットでの役割分担”。

ネプチューン堀内健が、大竹まことのラジオ番組にゲストとして初出演を果たした。ともに“3人組のお笑いユニット”として活躍する2人だが、そこでの役割分担について語り合う場面があった。

3月13日に放送されたラジオ番組『大竹まこと ゴールデンラジオ』(文化放送)のトークコーナー「大竹メインディッシュ」に、ネプチューン堀内健がゲスト出演した。同じ“3人組のお笑いユニット”の大先輩であるシティボーイズきたろう斉木しげる大竹まこと)の大竹を前にして、堀内はまず「(僕たちは)シティボーイズさんにいろいろと救ってもらいました」と感謝の気持ちを口にした。そんな堀内だが、かつて斉木に“3人組を長く続ける秘訣”を質問したことがあるという。

その時、斉木から「とにかく(お互いに)けなさないで褒め合うこと。ケンカはするな」との助言をもらった堀内は、それを実践し今日までネプチューンとして活動を続けることができていると語った。またこの日の放送では、大竹と堀内が“3人組での笑いの取り方”に関して意見を交わし合う場面もあった。

大竹は、シティボーイズが初期に「オレときたろうで重箱の隅の隅をイジるようなことをやっているところに、アイツ(斉木)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.