くらし情報『“ハッピーターンの食べ方”にこだわる高野人母美。ダウンタウンも驚き「全然ハッピーじゃない」』

2014年5月10日 11:45

“ハッピーターンの食べ方”にこだわる高野人母美。ダウンタウンも驚き「全然ハッピーじゃない」

画像は『TOMOMIオフィシャルブログ』のスクリーンショット

画像は『TOMOMIオフィシャルブログ』のスクリーンショット

モデルで女子プロボクサーの高野人母美(TOMOMI)が、バラエティ番組『ダウンタウンDX』で一風変わった“ハッピーターンの食べ方”を明かした。彼女のマネージャーが「そばで見ていて気持ち悪い」と番組に告発してきたのだが、高野は悪びれることもなくその食べ方を詳細に説明した。松本人志も「全然ハッピーじゃないよね!」と言い放つほど変わった食べ方なのだが、彼女のこだわりはそれだけで済まなかった。

高野人母美の男性マネージャーが、「高野はお菓子が大好きで、特にハッピーターンが大好き」と送ってきた彼女の“全く理解できない気持ち悪い一面”を浜田雅功が読み進めると、ゲスト出演していたアイドルグループ・でんぱ組.incも「えー!」と顔をしかめた。

5月8日の『ダウンタウンDX』で、高野人母美が自ら説明したハッピーターンの食べ方はこうだった。

「周りについている粉を舌で全部きれいに舐めてから机の上に置く。8個から9個くらい舐めて、最初のやつにたどりつくまでによだれがしみてしなしなになる。」

これには、松本人志も「ごめんなさい、全然ハッピーじゃないよね!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.