くらし情報『指原も「強い人!」と絶賛。マンデラ氏追悼式のアノ手話通訳者がCMで再起。<動画あり>』

2014年5月27日 16:00

指原も「強い人!」と絶賛。マンデラ氏追悼式のアノ手話通訳者がCMで再起。<動画あり>

オバマ大統領のスピーチを手話通訳するタムサンカ氏(画像はYouTubeのスクリーンショット)

オバマ大統領のスピーチを手話通訳するタムサンカ氏(画像はYouTubeのスクリーンショット)

昨年12月、南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領の追悼式で米国のオバマ大統領ら各国要人のスピーチを手話通訳して世界から注目された人物がいた。その彼の手話がテレビ中継され、「デタラメではないか?」と批判を浴びて話題になったものだ。それからおよそ5か月が経つ。バラエティ番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、彼のその後を追った。

2013年12月10日にヨハネスブルクでネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が行われ、日本からも皇太子殿下と福田康夫元首相が参列した。各国の要人たちによるスピーチを横で手話通訳したのが、タムサンカ・ジャンティ氏だった。彼は4時間ほど手話による通訳を行ったが、テレビ中継を見た各国の視聴者から「デタラメだ」と指摘があった。

BBCなどの情報によると、彼の手話をあえて解釈するならば次のような内容になるという。オバマ大統領のスピーチを手話通訳した一部は、「さあ、パーティを始めようぜ。大きな魚。小さな魚。ダンボール箱。確かに演説は退屈だ。でも大丈夫、もうすぐキスがやってくるから…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.