くらし情報『『音楽のちから』舞台裏の“握力測定”で昨年1位のTOKIO・松岡敗れる。新チャンプは個性派アーティスト。』

2014年7月13日 14:15

『音楽のちから』舞台裏の“握力測定”で昨年1位のTOKIO・松岡敗れる。新チャンプは個性派アーティスト。

セカオワのFukaseとDJ LOVE(画像は『twitter.com/fromsekaowa』のスクリーンショット)

セカオワのFukaseDJ LOVE(画像は『twitter.com/fromsekaowa』のスクリーンショット)

THE MUSIC DAY 音楽のちから』(日本テレビ系)が7月12日に放送された。同局系列の情報番組『シューイチ』にてパフォーマンス後のアーティストに握力測定をしてもらう“シューイチのチカラ”が、今年も行われた。昨年はTOKIO松岡昌宏が57kgを記録してチャンピオンとなったが、今年はその座を奪われる波乱が起きている。果たして新チャンピオンに輝いたのはどのアーティストなのか。

7月12日の正午から約11時間にわたって生放送された『THE MUSIC DAY 音楽のちから』では、収録も含めると総勢64組を超えるアーティストが出演した。翌日、13日には『シューイチ』でその『音楽のちから』を振り返るとともに、パフォーマンス後のアーティストにお願いして握力測定にチャレンジしてもらう企画“シューイチのチカラ”が放送された。

昨年57kgで1位となった松岡昌宏は、「うんあぁっ」と気合を入れたものの41kgと大幅にダウン。「年だからねー」と他のメンバーからため息がもれた。実は松岡ばかりではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.